くりの品種 長谷川

果物狩り・味覚狩りのできる観光農園 くり狩り観光農園の果物の特徴

長谷川
この品種は、偶発実生で、きゅう果のとげが短く、大粒果で、育成地(茨城県笠間市)において10月上旬に成熟する生食用くりである。樹姿はやや直、樹の大きさは中、樹勢はやや強である。枝しょうの太さは太、色はやや赤褐、皮目の形はやや長円である。葉身上部の形は漸鋭尖形、基部は鋭形、葉の大きさは大、葉柄の長さは中、太さは太である。きゅう果の形は扁球、大きさは大、とげの長さは短、とげの密度は粗である。側果側面の形は帯円短三角、側果横面の形は楕円、中果側面の形は帯円短三角、中果横面及び底面の形はてい形である。果実の大きさは大(35g程度)、果皮の色は淡褐、座の大きさは大、接線の形はやや直、果皮のはく皮及び蒸しぐりの渋皮のはく皮難易は中、果肉の色は淡黄、肉質は粉質、甘味はなかである。熟期は晩、育成地において10月上旬で、「石鎚」とほぼ同時期である。クリタマバチ抵抗性はかなり強である。「石鎚」と比較して、きゅう果のとげの長さが短いこと、座の大きさが大きいこと等で、「岸根」と比較して、きゅう果のとげの長さが短いこと、果皮の色が淡褐であること等で、「筑波」と比較して、きゅう果のとげの長さが長いこと、成熟期が遅いこと等で、「田尻銀寄」と比較して、皮目の形がやや長円であること、座の大きさが大きいこと等で区別性が認められる。

この記事にコメントする

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン