くりの品種 西播磨

果物狩り・味覚狩りのできる観光農園 くり狩り観光農園の果物の特徴

西播磨
この品種は、「西川あまぐり」の自然交雑実生から選抜育成し、中国ぐりと日本ぐりの交雑種とみられ、育成地(兵庫県穴栗郡山崎町)において9月下旬~10月上旬に成熟するものである。樹姿はやや直立、樹の大きさはやや大、樹勢はやや強い。枝梢の太さは中、枝梢の色は黄褐で、皮目の形は円である。葉身上部の形のぎ形、基部は鋭形である。葉の大きさはやや大、葉柄は長くやや太い。きゅう果の形は扁球、大きさは小、とげの長さは短、とげの密度は中である。側果の側面の形は円、横面は半円、中果側面の形は円、横面はやや三角形、底面はてい形である。果実の大きさは小(11~12g)、果皮の色は暗紫褐、座の大きさは小、接線の形はやや直、果皮の毛じは多、果皮のはく皮の難易は中、蒸しぐりの渋皮はく皮の難易は中である。果肉の色は黄、肉質は粉質、甘味は多である。成熟期は育成地において9月下旬~10月上旬で、「利平ぐり」とほぼ同時期である。クリタマバチ抵抗性は強である。「林あまぐり」と比較して。樹姿が異なること、果皮の色が異なること等で、「西川あまぐり」と比較して、樹姿が異なること、座の接線の形が異なること等で、「岐阜1号」と比較して、座の接線の形が異なること、蒸しぐりの渋皮はく皮が困難なこと等で、「利平ぐり」と比較して、樹姿がいなること、果実が小さいこと等で、「五十波」と比較して、樹姿が異なること、果皮の毛じが多いこと等で区別性が認められる。

この記事にコメントする

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン