くりの品種 紫峰

果物狩り・味覚狩りのできる観光農園 くり狩り観光農園の果物の特徴

紫峰
この品種は,「銀鈴」に「石鎚」を交配して得られた交雑実生から選抜・育成されたものであり,きゅう果の形は扁球,果実は大,クリタマバチに強く,育成地(茨城県つくば市)において9月下旬に成熟する中生種である。   樹姿は中間,樹の大きさは中,樹勢はやや強である。枝梢の長さは中,太さは太,色は黄褐,皮目の形はやや扁円,大きさは中,密度は密である。葉身の形は楕円状披針形,上部の形はのぎ形,基部は鋭形,葉の大きさは大,葉柄の長さは長,太さは太,雄花穂の姿勢は中間である。きゅう果の形は扁球,大きさは大,きゅう梗の長さ及び太さは中,とげの長さ及び密度は中である。側果側面の形は帯円三角,横面の形は尖円,中果側面の形は帯円三角,横面の形は三角,底面の形はてい形である。果実の大きさは大( 28g程度),果皮の色は褐,座の大きさは中,接線の形は波,果肉の色は淡黄,肉質は粉質,甘味は中である。開花期は中,成熟期は中,育成地において9月下旬で,「筑波」とほぼ同時期である。双子果の多少,裂果の多少及び生理落果の多少は少,果皮のはく皮の難易は中,蒸しぐりの渋皮のはく皮の難易は難,クリタマバチ抵抗性は強である。   「銀鈴」と比較して,葉身の形が楕円状披針であること,雄花穂の姿勢が中間であること,きゅう果の大きさが大きいこと,結果性が多いこと等で,「石鎚」と比較して,雄花穂の姿勢が中間であること,側果側面及び中果側面の形が帯円三角であること,成熟期が早いこと等で,「筑波」と比較して,雄花穂の姿勢が中間であること,きゅう梗の長さが短く太さが細いこと,生理落果が少ないこと等で区別性が認められる。

この記事にコメントする

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン