くりの品種 神峰

果物狩り・味覚狩りのできる観光農園 くり狩り観光農園の果物の特徴

神峰
この品種は、「人丸」に出願者所有の育成系統を交配して育成されたものであり、きゅう果の形がやや方球、果実の大きさがかなり大、果皮の色が暗褐の育成地(茨城県西茨城郡岩間町)では9月中旬に成熟する早生種である。樹姿は中間、樹の大きさはやや大、樹勢はやや強である。枝梢の長さ及び太さは中、色はやや赤褐、皮目の形は円、大きさは中である。葉身の形は狭楕円状鋭尖形、上部の形はのぎ形、基部の形は鋭形、鋸歯の形はやや針状、葉の大きさはやや小、毛じの多少は少、葉柄の長さはやや短、葉柄率は中、雄花穂の姿勢は中間である。きゅう果の形はやや方球、大きさは大、きゅう肉の厚さはやや厚、きゅう梗の長さはやや長、太さはやや太、とげの長さはやや長、密度はやや密である。側果側面の形は扁円、横面の形はやや尖円、中果側面の形は扁円、横面及び底面の形はてい形、果実の大きさはかなり大、果皮の色は暗褐、座の大きさはやや大、接線の形はやや波、果皮の毛じの多少は中である。果肉の色は黄、肉質はやや粘質、甘味はやや多である。開花期はやや早、成熟期は早で育成地においては9月中旬である。双子果の多少はやや多、裂果の多少は多、果皮の剥皮及び蒸ぐりの渋皮剥皮の難易は中である。「丹沢」及び「人丸」と比較して、きゅう果が大きいこと、側果側面が扁円であること、果実が大きいこと等で区別性が認められる。

この記事にコメントする

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン